ここはプリンセスクラウンの名探偵コナン乙女二次創作同人ゲーム「安室透の恋愛事情」紹介ページです。

版権元・関係者様には一切関係ありません。
攻略キャラクターは
安室透です。

対象年齢 ・・・・・・・・・・   全年齢

イベント価格 ・・・・・・   1200円

発売日 ・・・・・  2018年6月17日

​パッケージ

ジャケット

裏ジャケット

レーベル

イベントやショップの目印にしていただけると嬉しいです♪
※クリックで大きい画面になります。

COMIC CITY東京 142で「安室透の恋愛事情」をお手に取ってくださった方に、先着で安室くんトリプルフェイスタンブラーをプレゼント!

※数に限りがあります

応援バナーです♪応援していただけると嬉しいです。
※リンクはTOPページへお願いします。

 
 

元気が取り柄のJK。父子家庭だったが、父親が急死し、以来、伯母夫婦の家でお世話になっている。

そんな生い立ちの割に、根がポジティブなおかげか、平和に暮らしている。

父の元同僚だったという安室とは、親戚に引き取られるまでの数日間、一緒に暮らしていたことがあり、安室を慕っている。

 
 

 

 

降谷 零

「!!?」


???

「……降…谷……か?」

「……わりぃ……。へま、やっちまった……」


降谷 零

「――しゃべるな!
……っ。なんで、そんな……バカな真似を!」


???

「カハッ……そんな、怖ぇ面で怒んなよ……。
せっかくの優男が、台無しだぜ……」


降谷 零

「そんな軽口叩いてる場合ですか!」


???

「ハハ……。すまないついでに、もう一つ、頼まれてくれるか……?」

「あいつを……。俺の娘を、守ってやってくれ……」


降谷 零

「……っ。あなたという人は……」

「そんなバカな約束、守れるわけないじゃないですか!」

「自分の大切なものくらい、ここを無事にやり抜いて、自分で守ったらどうなんですか!」


???

「そうしたいところは、山々なんだがよ……。
くぅ……っ。そうも、言ってられなさそう…なんだよなぁ……」

 

〇〇

「う~ん。この苺のムース、ソースとよくあってて美味しい。舌触りも滑らか」


安室 透

「こっちのブルーベリーの方も美味しいね。これなら、季節を気にせず提供できるかも。
生のブルーベリーを使うのもいいかもしれない」

〇〇

「安室さんの方も、美味しそうだね」

 

安室 透

「じゃあ、食べ比べてみる?」
 

〇〇

「いいの? じゃあ……」

 

安室 透

「はい、〇〇ちゃん、どうぞ」

〇〇

!?

安室さん? なに、やってるの……?」


ムースをのっけたスプーンを私の方に向けて、安室さんはニコニコと微笑んでいる。
意図はなんとなく読めるけれど、あえて、聞いてみた。

安室 透

「え、だから。食べ比べでしょ?」

〇〇

「いや、そー言ったけど……」

(食べあいっこさせようとか言ってないよね)

 

安室 透

「ほら、早く口を開けないと、次が待ってるよ」

「〇〇ちゃん、あーん……だよ」

 

〇〇

「嘘つき――……!」


安室 透

「――……っ」


〇〇

「嘘つき……。ずっと、信じてたのに……」


悔しさとショックで、泣きたくないのに涙がこぼれた。
今までずっと信じていたものが、全部壊れていくような喪失感……。


2年前……そして、再会してからの安室さんがくれた優しさが、頭を撫でてくれた温もりが、全部嘘だったなんて思いたくなかった。


私の涙に気付いた安室さんは、頬に触れようとした手を寸前で止め……きつく握り締めた。


安室 透

「嘘つき……か」

「確かに、僕は君が言うとおり、嘘つきだな。今まで、数え切れないくらいの人を騙してきたんだから」


普段の安室さんなら、決して見せないだろう物憂げな表情……。


こんな時に、ずるい……。
何もかも許すことなんか出来ないのに、心が揺らぎそうになる。

 

〇〇

(やっぱり、こんな所で寝られるわけない!)


しばらく安室さんが眠りにつくのを待ってから、目を開いた。
ベッドからそっと抜けだそうとした、その時……。

安室 透

「僕は明日にしろと言ったはずだ」


〇〇

「起きて――……」


安室 透

「君の行動は単純だから。次に何するつもりかくらい、すぐに分かる」

「だから……」

〇〇

「――…やっ! 安室さん、放して!」


あっさりとベッドの中へと連れ戻され、意外と力強い安室さんの腕で拘束されてしまった。

安室 透

「いいから、大人しくしてろ」


〇〇

「だから……やだって……」


警戒しなくちゃダメだと分かっているのに、こんな風に抱き締めるようにされたら胸がざわめく。
たとえ安室さんがどんな人でも、これまでの自分の心が、思い出が、安室さんの温もりに反応して身体を火照らせる。


安室 透

「本気で逃げるつもりがないのなら、逆効果だ」

「そんなに弱々しく抵抗されると、ますます逃がしたくなくなる」


〇〇

「……っ。安室さんは、ひどいよ……」


抵抗を許さないほど強く縛られたのなら、私だって本気を出せたかもしれないのに、私を抱き締める腕は、最初から最後まで、どこまでも優しい。
安室さんの優しさは、時に残酷だ。


安室 透

「ひどい男に捕まったんだって分かったんなら、諦めてくれないか」

 

約49.6 MB

共通02まで遊べます。体験版用に一部内容変更してあります。
とても重いですので、回線途切れにお気をつけください

※Windows10で「Windows SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。

このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります」と表示されましたら、「詳細情報」をクリック後

「実行」をクリックしてください。ゲームアプリが起動します。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now